ドネーションシップ わかちあい 〜分かちあい 支えあい 明日のくにへ〜ドネーションシップ わかちあい 〜分かちあい 支えあい 明日のくにへ〜

ドネーションシップ・プロジェクト

(国連開発計画、ユニセフ、ILOの資料などより)

 

世界の人口65億人。日本に暮らす私たちがあたりまえのように過ごしている日常は実は恵まれたことだと思えます。
同じ地球上に生まれたのに、貧困、飢餓、戦争、災害、病、差別、偏見、不公正などさまざまな理由で生きることさえ困難な状況におかれた人たちがたくさんいます。
そうしたより困っている人たちに、分かちあいと支えあいの心を「寄付」として届けるのがドネーションシップ・プロジェクトです。

 

ドネーションシップわかちあいの会費は運営に必要な経費を除き全て寄付として役立てます。実際には貧困、戦争、災害などによって困難な状況にある人たち、またその人たちを支える団体や活動が寄付の対象になります。
できるだけ直接当事者に、あるいは規模は小さくても直接当事者とつながって当事者の立場にたって、分かちあいと支えあいを実行しているグループや活動に寄付をします。
どこにどれだけの寄付をしたのかは全てネット上で公開します。(→詳しくは 寄付先選定のガイドラインをご覧下さい。

 

ドネーションシップ・プロジェクト 寄付先選定のためのガイドライン

寄付先は、NPO法人「ドネーションシップ わかちあい」の、理事会で構成する「選定委員会」が以下のガイドラインに基いて選定します。

 

対象

災害、戦争、貧困、飢餓、病、差別、偏見、犯罪、暴力、不公正等により、困難な状況にある人々。またそうした人々の支援や自立をサポートするグループ・活動等。(国の内外を問わない。)

 

選定・配分にあたって

生命の尊重: 生命と生存にかかわることを優先する。
普遍性: より多くの人々にとって必要とされる根本的なテーマや問題を優先する。
緊急性: 災害援助等では緊急・機敏に対応する。
機動性: 小規模でも直接当事者とコンタクトがあり機動的に対応できるグループ・団体を優先する。
信頼性: 本来の目的により忠実に活動する信頼性の高いグループ・団体を優先する。
公平性:

選定は人種・国籍・信条・宗教・性別等に影響されない。

 

選定委員会

選定委員会において、寄付先としてふさわしいところについて情報を集める。また「ドネーションシップ わかちあい」のウェブサイト上でも会員からの情報を受け付ける。集めた寄付先候補から、選定委員会がふさわしい寄付先を選定する。

情報公開

いつ、どこに、どれだけの寄付をしたか。ネット上に全て公開する。

 

活動報告

わかちあい(寄付)の実績

これまでの寄付(わかちあい)の総額は 計19,316,814円になりました。(2015年10月現在)
会員の皆様、寄付を託して下さった皆様、賛同し応援して下さった皆様、ありがとうございました。
今後も庶民どうしの支えあいの仕組みとして「わかちあい」の実績を積みあげていきます。
寄付だけでなく、現場を知り、そこにある問題について学び、自分にできることをしていきます。


◆第13回(2015年10月)
   以下の8団体に350万円を寄付
  <子どもの貧困支援>
  〇(向島MJ)キッズキッチン:50万円
  〇豊島子どもWAKUWAKUネットワーク:50万円
  〇山科醍醐こどものひろば:50万円
  〇山王こどもセンター:25万円
  〇大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO):25万円
  
  <国内外の現場へ>
  〇フードバンク京都:50万円
  〇CODE・ネパール地震復興プロジェクト:50万円
  〇ボリビア・エルピス会:50万円

★わかちあい祭り!(第5回)2015年5月3日
  〜子どもたちの笑顔のために、未来のために〜
  チャリティーバザーの売り上げと募金の合計144,850円のうち
  70,000円を「山王こどもセンター」に
  74,850円を京都の避難ママたちに
  各37,425円を「さぽーと紡」と「笑顔つながろう会」に寄付しました。
  ▼また会場に設置したネパール地震救援の募金箱に
  合計43,321円の募金をいただきました。
  これは全額をCODE(海外災害援助市民センター)に寄付しました。

◆第12回(2014年12月)
  以下の2団体に100万円の寄付を実施しました。
  〇大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO)
  〇バングラディシュの村を良くする会(PUS)

★わかちあい祭り!(第4回)2014年5月5日
  〜子どもたちのために、いのちのために、忘れない3・11〜
  チャリティーバザーの売り上げと募金の
  合計121,058円のうち50,000円を「山王こどもセンター」に 、
  71,058円を避難ママたち(さぽーと紡 、笑顔つながろう会)
  に寄付しました。

◆第11回(2013年12月)
  以下6団体に(各50万円)合計300万円の寄付を実施。
  〇シリア避難民支援プロジェクト
  〇チェルノブイリこども基金
  〇いわき放射能市民測定室 たらちね
  〇まつもと子ども留学
  〇沖縄・球美の里(沖縄の保養施設)
  〇川内村仮設住宅緊急支援(NPO法人昭和横丁)

◆第10回(2013年6月)
   〇ミンダナオ子ども図書館(MCL)に100万円の寄付を実施。

★わかちあい祭り!(第3回)2013年4月28日
  〜被災地を忘れない!あなたも私も同じいのち〜
  チャリティーバザーの売り上げと募金の
  合計135,313円のうち50,000円を「山王こどもセンター」に 、
  85,313円を「さぽーと紡」に寄付しました。

◆第9回(2012年10月)
  ○NPO法人シャロームが実施する
   「ひまわりプロジェクト」に100万円の寄付を実施しました。

◆第8回(2012年6月)
  ○福島で情報紙を発行する
   「福島が好き」編集部に110万円の寄付を実施しました。

★わかちあい祭り!(第2回)2012年4月28日
  心をつなごう 〜子どもたちのために、いのちのために〜
  チャリティーバザーの売上と福島の子どもたち支援募金
  合計128,559円のうち、50,000円を「山王こどもセンター」に、
  78,559円を「福島ぽかぽかプロジェクト」に寄付しました。

◆第7回(2012年2月)
  ○福島の子どもたちのいのちを守るための
   わたり土湯ぽかぽかプロジェクトに50万円の寄付を実施しました。

◆第6回(2011年11月)
  ○子どもたちを放射能から守る福島ネットワークのプロジェクト
   野菜カフェ「はもる」に100万円の寄付を実施しました。

◆第5回(2011年6月)
  以下の3団体に合計200万円
  ○被災地NGO協働センター:100万円
  ○ミンダナオこども図書館:40万円
  ○テラ・ルネッサンス(元こども兵支援プロジェクト):40万円
  ○国際ビフレンダーズ大阪・自殺防止センター:30万円

★わかちあい祭り!(第1回)2011年4月16日
  〜つながろう被災地と!届けようわかちあいの心!〜
  チャリティーバザーの収益と被災地支援募金の、
  合計115,523円のうち、50,000円を「山王こどもセンター」に、
  65,523円を「被災地NGO協働センター」に寄付しました。

◆第4回(2010年1月―2月)
  以下の3団体に100万円
  ○難民の子どもの家「Beit Atfal」:50万円
  ○パレスチナ子どものキャンペーン:20万円
  ○アフガニスタンぶどうプロジェクト:30万円

★「定額給付金を助け合いに使うキャンペーン」(2009年2〜9月)
★特別プロジェクト(2009年10月)
  キャンペーンに寄せられた1,033,200円のうち
  事務費5010円(チラシ作成費、送料等)を除いた全額の1,028,190円を
  <貧困と生存>のために活動する以下の4団体に寄付
  ○大阪・釜ヶ崎の貧困問題支援
    ⇒山王こどもセンター
  ○派遣切りが全国で最多の愛知の現場支援
    ⇒愛知県派遣村実行委員会
  ○定額給付金の寄付を呼びかけている
    ⇒北九州ホームレス支援機構
  ○よりしわ寄せを受けている外国人労働者・困窮者支援
    ⇒外国人研修生権利ネットワーク

◆第3回(2008年11月)
  フィリピンの冨田江里子さんの診療所に100万円

◆第2回(2008年6月)
  「ルポ最底辺」著者の生田武志さんを通じて<野宿者支援活動>に50万円

◆第1回(2007年9月)
  フィリピンの冨田江里子さんの診療所に100万円

 

「ドネーションシップ わかちあい」 
NPO法人 ドネーションシップ わかちあい

 TEL&FAX 075-621-3128

 E-MAIL yume@donationship.org


 

Copyright 2007-2010 DonationShip Ltd. All rights reserved.